マウスピースで歯並びも顔も変わる?知っておきたいマウスピースの効果

大分大学医学部卒業。医師として救急医療や在宅医療に従事。若年層に予防や多くの臓器にアプローチするため口腔環境に興味を持ち、マウスピース矯正hanaraviを手掛ける株式会社DRIPS創業。
 

透明なマウスピースを使って歯並びを矯正する「マウスピース矯正」。歯に器具をかぶせる関係上、「顔立ちが変わるのでは?」と気にする人も多くいるようですが、結論から言えば、大きな影響はありません。

この記事では、マウスピースが顔立ちに与える影響について、解説していきます。

1.マウスピースで本当に顔が変わる?よくある疑問と回答

まずは、マウスピースの仕組みについて詳細を解説するとともに、マウスピースによる顔立ちの変化について、よくある疑問に回答します。

 

(1)マウスピース矯正の仕組みと顔つきへの影響

 

マウスピース矯正は、透明な矯正器具を歯にかぶせることで徐々に歯を動かし、矯正していく方法です。同じ種類のマウスピースをつけ続けるのではなく、現時点の歯並びから理想の歯並びまで、段階的にマウスピースを作成し、少しずつ歯を動かしていきます。

現在の歯並びと大きく異なるマウスピースをつけることはないため、口の中に矯正器具を入れることで大きく顔立ちが変わることはありません。

 

矯正が進んで歯並びが改善していくことで、患者さんによっては小顔に見えるなどの効果が出る可能性はあります。

 

(2)よくある疑問とその回答

口元が伸びて見える?

マウスピースの厚みのぶん、口元が伸びているような感覚を覚える場合があります。ただ、マウスピースは非常に薄いため、違和感があるほど大きな顔の変化はおきません。

 

ただ、「過蓋咬合」と呼ばれる、上の歯が下の歯を覆っている深い嚙み合わせの場合、治療後に歯のかみ合わせが正しくなることで、口元が伸びたように見える場合はあります。

 

理想的な上下の位置に移動した形になるため、笑ったときに歯茎もみえにくくなるといった利点もあります。また、矯正の方法によって、輪郭への影響を少なくすることもできますので、矯正経験が豊富な歯科医に相談するとよいでしょう。

②口元が下がって見える?

抜歯を伴う矯正の場合、歯を抜いたあとのスペースが広すぎたりする場合に、口元が下がって見える場合があります。

 

抜歯後の影響が少なくなるように歯を動かすことで、こうした影響も少なくできます。

マウスピース矯正は、患者さん個人の歯の一本一本の状態にあわせて動かしていくため、歯の状態を細かく調整していくのに向いています。

 

こちらも矯正経験が豊富な歯科医に相談してみましょう。

 

③顔がたるんでみえる?

出っ歯の方の場合、マウスピース矯正をすることで歯が引っ込むことで、顔の突っ張り感がなくなるため、出っ歯のときと比べて顔がたるんでみえる、と感じる方がいます。

 

しかし、実際は顔がたるんだのではなく、歯が本来の理想的な位置に移動して、比較するとたるんでみえてしまうだけです。

 

ただし、本人のイメージする歯並びと、歯科医師の理想とする歯並びでは違うことがあります。歯の位置のイメージを見せてもらいながら、歯科医師とすり合わせを行いましょう。

 

小顔になる

プラスの影響として「マウスピース矯正をすると小顔になる」というイメージがあります。ただこちらについても、患者さんの症状によるため、必ず顔が変わるというわけではありません。

たとえば、「開口」と呼ばれる不正咬合の場合、矯正治療によって閉じなかった口元が閉じるようになるため、小顔になります。上顎前突と呼ばれる、いわゆる出っ歯の場合は、口元が引っ込みますが、顔自体が小さくなるわけではありません。

⑤エラの張りが解消する?

エラが張ってみてる顔つきは、マウスピース矯正で必ず改善するわけではありません。

 

エラが張って見える原因は主に2つあります。1つは、咬筋と呼ばれる筋肉が発達してしまうことで、エラが張ってしまうものです。咬筋の発達は歯ぎしりに起因するものが多く、矯正治療によって歯並びを改善することで歯ぎしりをしなくなり、エラ張りが良くなることがあります。

 

一方、もともと骨格的にエラが張ってしまっている場合は、骨を削らないとエラ張りは改善しません。マウスピース矯正は歯並びは改善しても、骨までは改善できないので、骨が問題のエラ張りの場合は、改善しません。

 

(3)マウスピース矯正で変わる部分、変わらない部分

マウスピース矯正では、歯並びによる輪郭の変化は期待できますが、骨格を変えることはできません。マウスピース矯正で変わるポイント、変わらないポイントについてまとめると、以下の通りとなります。

 

改善が期待できる部分 改善が期待できない部分
唇の突出感 骨格的な顔の大きさ
嚙み合わせ 歯の長さ
横顔 エラ張り

 

hanaraviでは、歯科矯正専門の歯科医師の元で矯正治療を行うため、矯正治療後に顔のコンプレックスの中でもどの部分が改善できるのか、事前に適切なカウンセリングが可能です。

 

また、治療後の歯並びのイメージを見たうえで説明を受けることができるため、自分が想定した通りの矯正を受けることができます。

 

hanaraviでは、月々4,700円、総額30万円から治療が可能です。

少しでも顔にコンプレックスを抱えていて、マウスピース矯正を検討している方は、ぜひ無料相談をLINEからお申し込みください。

 

2.マウスピース矯正の効果や特徴について

 

マウスピース矯正を受けることで、歯並びが改善し、顔つきも変わります。しかし、マウスピース矯正は全ての歯並び治療に対応しているわけではありません。

マウスピース矯正ではどんな歯並び治療ができるのか、説明していきます。

(1)マウスピース矯正で対応できる症例

①出っ歯

出っ歯は上の歯が唇の方に向かって傾いてしまって笑ったときに前歯が目立ってしまいます。出っ歯は唇を上手く閉じることができないため、口呼吸になり、歯周病のリスクもあります。顔が伸びてみてるといった顔の特徴になります。

詳しくは下記の記事も参考にしてください。

 

https://blog.hanaravi.jp/deppa/

 

②受け口

受け口は専門用語では下顎前突といいます。いわゆるしゃくれといった状態です。

上の歯が下の歯を覆うのが正常なのですが、下顎がでてしまって、かみ合わせが反対になって下の歯並びが前になってしまっています。

③口ゴボ

口ゴボは上顎がでてしまって、唇だけでっぱっているような状態です。上顎が大きすぎたり、逆に下顎が小さすぎたりすることで、このような状態となります。

詳しくは下記の記事を参照してください。

 

https://blog.hanaravi.jp/kuchigobo/

 

(2)マウスピース矯正の特徴

①透明で目立ちにくい

マウスピース矯正は金属のブラケットを直接歯に貼り付ける矯正治療と異なり、透明のマウスピースを装着する目立ちにくいといったメリットがあります。

 

ワイヤー矯正では、どうしても金属ワイヤーが気になりますが、マウスピースは近くで見ない限り、ほとんど気付かれません。

②取り外しが簡単

ワイヤー矯正は矯正歯科医でないと取り外しができません。

一方、マウスピース矯正の場合、自分で取り外しが簡単にできます。食事のときや歯磨きのときに取り外しができるので、ワイヤー矯正よりも食事も歯磨きも快適にできます。

③痛みが比較的少ない

マウスピース矯正はワイヤー矯正と違い、治療による痛みが比較的少ないとされています。

 

またワイヤー矯正の場合、固いワイヤーが口内にあたることで、口内炎などが起きる場合がありますが、

 

マウスピースは唇への刺激も少ないため口内炎の痛みはかなり軽減されます。

 

もちろん歯を動かすのでマウスピース矯正でも歯を動かすことによる痛みはありますが、ワイヤー矯正よりも痛みは比較的少なくなります。

 

hanaraviではマウスピース矯正を専門的に行っている歯科医師にオンラインで相談できます。そのため、マウスピース矯正治療中に不安なことがおきたときも24時間、LINE相談が可能です。安心してhanaraviで通院手間も省けてマウスピース矯正の治療が可能です。

 

(3)マウスピース矯正の治療期間や費用イメージ

マウスピース矯正の治療期間は歯並びの症例にもよりますが、半年から2年程度です。

 

矯正治療といえば長い期間、金属のワイヤーをいれて矯正するイメージがあるかもしれませんが、マウスピース矯正は技術の進歩によってかなり短期間で歯並びを改善できるケースが増えています。

 

ワイヤー矯正の場合は、必ず歯科医師による通院によるワイヤー調整が必要で、通院の手間もありました。マウスピース矯正の場合、オンライン相談を実施しているため、矯正治療中の通院の必要がありません。近くに矯正歯科医院がなくて、ただでさえ、治療期間もかかるのに、さらに交通費までかかる、と不安に思っている方には、マウスピース矯正はおすすめといえます。

 

また、費用に関しても従来のワイヤー矯正の場合、初期費用で100万円程度かかってさらに、通院のたびに診察料、ワイヤー調整料がかかっていました。最初に100万円かかったのに、通院回数によって費用負担が大きくなっていくという患者さんの負担がありました。

しかし、マウスピース矯正の場合、矯正費用は30~80万円と歯並びによっては大きく矯正費用を軽くすることができます。

 

最終的にかかる費用から逆算して毎月定額で矯正治療を受けることができます。急な出費がかさむといった不安はマウスピース矯正にはありません。

 

3.マウスピースに関するご相談はhanaravi

マウスピース矯正では歯並びを改善することで、顔の印象を変えることできます。歯並びの種類によっては小顔効果を実感できることもあります。

 

ただし、骨を削るわけではないので、骨格的にエラが張ってしまっているようなコンプレックスの場合は、矯正治療で改善できないこともあります。

 

自分のコンプレックスがマウスピース矯正で改善できるのか、まずはご相談からでもお気軽にお問い合わせください。