歯科矯正にかかる値段は?費用の相場や医療費控除など気になる疑問を解説!

大分大学医学部医学科卒業。医師として救急医療や在宅医療に従事し、マウスピース歯科矯正hanaravi(ハナラビ)を提供する株式会社DRIPSを創業。医療現場で予防の重要性や予防に取り組んでもらうことの難しさを痛感。美容という切り口で本質的な予防につなげる入口として、口腔という臓器に興味を持つ。口腔環境が多くの臓器に影響を及ぼし、多くの病気に繋がってしまうというポイントから予防について新聞・テレビ・WEBメディア等で情報を発信している。
 

「歯科矯正をしたい!」と思い立って矯正歯科治療の種類や料金を見たときに、

「100万円もかかるの?」
「治療方法によってこんなに費用が変わるの?」

といった疑問や不安を持つ人は多いかもしれません。

歯科矯正は医療保険の適用外となるため、通常の虫歯治療などと比べると高額になりがち。

また、治療期間が1〜2年と長期になることも多く、治療全体にかかる費用の総額をイメージしづらい部分もあります。

後になって、「こんなに払うつもりじゃなかった……」と後悔することのないよう、費用面についてしっかり説明を受けてから治療を受けるようにしましょう。

今回は歯科矯正の値段について、治療内容や保証、通院回数、支払方法といった様々なポイントから、くわしく解説していきます。

矯正治療の相場は10~150万。保険適用外のため高額になりがち

矯正治療全体の費用相場は、10万円〜150万円前後と、大きく幅があります。

このように値段が変わるのは、以下のような様々な要素によって、大きく価格幅が変わってくるためです。

  • 歯科医院ごとの料金体系
  • 矯正する歯並びの程度
  • 噛み合わせ治療まで行うか否か
  • どんな矯正器具を使用するか
  • 治療期間はどのくらいか

また歯科矯正は、一般的な虫歯治療と比べて費用が高額になる傾向があります

歯科矯正は見た目をよくするための「審美治療」にあたるため、保険の適用外となってしまうためです。

ただ一方で、嚙み合わせの治療など、健康にかかわる矯正治療とみなされる場合は保険適用となることもあります。

矯正治療が保険適用になるかどうかは医師の診断によるため、専門の歯科医師に聞いてみましょう。

矯正治療の種類別の値段イメージ

歯科矯正と一口に言っても、その方法には様々なものがあります。

  • 表側矯正(ワイヤー矯正)
  • 裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正)
  • ハーフリンガル矯正
  • 部分矯正
  • セラミック矯正
  • マウスピース矯正

特に近年増えているマウスピース矯正は、透明の器具を使用するため目立ちにくく、患者さんの歯一本一本をスキャンしてオーダーメイドの矯正器具を作ることから、部分矯正などにも柔軟に対応できるため人気が高まっています。

マウスピース矯正のhanaravi(ハナラビ)についてくわしく見る

それぞれの方法の特徴と値段について解説していきます。

表側矯正(ワイヤー矯正):70~100万円

歯の表側に「ブラケット」と呼ばれる矯正器具を装着し、そこにワイヤーを通して歯に圧力をかけ、歯を移動させる矯正方法です。

歯並びの矯正や噛み合わせの治療などに利用される、もっとも一般的な方法です。

ブラケットの素材としては金属製のものが一般的ですが、最近では目立ちにくい白や透明のブラケットやワイヤーもあります。

費用相場は70万円〜100万円程度で、歯科矯正の中では比較的安く治療できます。

裏側矯正(舌側矯正・リンガル矯正):100〜150万円

表側矯正とは逆に、歯の裏側にブラケットを取り付け、ワイヤーを通す矯正方法です。

ブラケットが目立ってしまう表側矯正に抵抗感がある方に人気のある矯正方法です。

歯の裏側に器具を装着するため目立ちにくい点がメリットですが、一方で歯の裏側に器具をつけるには技術が必要となり、歯科医院によっては対応できない場合もあります。

また費用もやや高額となり、100万円〜150万円と、表側矯正に比べて1.5倍ほどになります。

一方で、前歯だけといった一部分だけで裏側矯正をするのであれば、全体を行うよりも費用を抑えることができます。

ハーフリンガル矯正:80〜130万円

目立ちやすい上あご側の歯だけ裏側矯正を行い、下あご側は通常の表側矯正を行う方法です。

見た目を意識しつつ、全体を裏側矯正するよりも費用をおさえることができる点がメリットです。

ただし、全体の矯正のバランスを見つつ、上あご側と下あご側に異なる器具を付けて矯正を進めていくことになるため、きちんと対応できる技術を経験をもった歯科医師に相談する必要があります。

部分矯正:35〜60万円

前歯だけ、気になる一部だけといった、一部の歯並びのみを矯正する方法です。

最小限の矯正ですむため、費用も期間も大幅におさえることができます。

ただ、矯正治療にあたっては、動かしたい歯だけを動かせばよいというものではありません。

動かす歯の周囲にある歯との間隔や噛み合わせなど、歯全体のバランスを考えて行う必要があります。

そのため、歯並びの状態によっては広い範囲の歯を動かす必要があったり、一部の歯だけを動かした結果、噛み合わせがおかしくなってしまうというケースもあります。

費用が安いからと安易に部分矯正を行うのではなく、きちんと信頼できる医師と相談したうえで行いましょう。

マウスピース矯正:30~120万円

透明なマウスピースを装着する矯正方法で、近年、目立たない矯正方法して人気が高まっています。

また、歯の状態に合わせたオーダーメイドの器具を制作するため、ひとりひとりのお口の状態に細かく対応できる点や、食事や歯磨きの際に器具を取り外すことが可能な点も大きなメリットです。

一方、器具の取り外しができてしまうため、矯正の効果を得るためには、患者さん自身の自己管理が重要となります。

現在、マウスピース矯正には様々なブランドがあり、費用体系や相場もまちまち。

矯正内容と費用感をよく見たうえで、検討を進めることが大切です。

無料相談やLINEでの情報発信を行っているサービスも多いため、まずは相談するところから始めるとよいでしょう。

hanaravi公式LINEから無料相談

補足:保定装置(リテーナー)について

どの方法を行った場合であっても、矯正後は「保定期間」と呼ばれる、動かした歯を定着させる期間が必要です。

保定期間中は、「リテーナー」と呼ばれる装置を一定期間、装着する必要があります。

歯科医師や利用するサービスによって、リテーナーの費用を治療料金に含める場合(トータルフィー制)と、含めない場合とがあります。

リテーナーの費用が別途かかる場合、相場としては2万円〜6万円ほどとなります。

歯科矯正の流れごとにかかる費用まとめ

歯科矯正の値段を手法別に紹介してきましたが、次は歯科矯正治療の流れに沿って、費用感を紹介していきたいと思います。

歯科矯正の費用がかかるタイミングには、カウンセリングや精密検査、矯正中の通院といった様々なものがあります。

矯正のイメージがつきやすいよう、それぞれのタイミングでどの程度の費用がかかるのか、解説していきます。

初診からカウンセリング・精密検査:0~3万円

矯正治療を始める前にカウンセリングを受け、歯並びや噛み合わせについて担当の歯科医師に相談します。

抜歯が必要になるか、治療にかかる費用や期間は全体でどのくらいになるかなどの説明を聞きます。カウンセリングを受け、歯科治療が始まったらまずは顔の骨格の写真やレントゲンを撮るなどして口内の状態を詳しく調べます。

歯の型取りや口内データを元に患者さん1人ひとりにあった治療計画が作成され、治療の流れが決まります。

治療計画や費用などに患者さんが納得すれば、次回から矯正治療が始まります。初診からカウンセリングを無料で行っている歯科医院もありますが、精密検査は歯科矯正をするしないに関わらず費用がかかる場合があります。

矯正の事前治療(虫歯治療や抜歯など):2000円~3万円

検査の結果、虫歯が見つかれば虫歯治療が優先され、治療後に矯正治療に移ります。

この時の虫歯治療は保険適用になりますが、矯正治療のための抜歯は保険適用外なので自費になります。

虫歯治療を終わらせてからでないと矯正治療に移れないため、歯科矯正が始まるまでに時間がかかってしまうケースもあります。

矯正装置の装着費用:30~100万円

虫歯治療などが完了したら矯正装置を歯に取り付け、歯磨きの仕方や口内ケアの方法など説明を受けます。

矯正費用は高額になることが多いですが、デンタルローンなどを活用して支払うことも可能です。

歯科医院によって異なりますので、カウンセリング時に支払い方法についても説明を受けることをお勧めします。

装着後の通院費用:3000~5000円/回

矯正装置をつけてからワイヤー矯正の場合は1ヶ月に1回ほど、マウスピース矯正の場合は2〜3ヶ月に1回ほどの通院が必要です。

ワイヤー矯正では毎回ワイヤーの調整を行うので、調整費用がかかります。

通院にかかる費用は矯正装置の費用に比べると安く感じるかもしれませんが、長期になることが多い歯科矯正において通院費の金額もかさみますので、しっかり確認しておきましょう。

矯正費用が返ってくる?医療費控除について

高額になることが多い歯科矯正治療ですが、治療の目的によっては医療費控除の対象になる可能性があります。

医療費控除とは?

医療費控除とは1年間に支払った医療費が一定の金額を超える場合に、支払った医療費に基づき計算された金額が所得控除を受けられる制度です。病気などで病院にかかった場合は、治療費や検査費だけでなく、公共交通機関を使った通院費用なども医療費控除に含まれます。課税所得が少なくなり、支払う税金が減ったり、支払った税金の一部が還付されることがあります。

医療費控除の対象になるケース

子どもの歯科矯正治療であれば成長のために必要な治療と見なされ、医療費控除の対象になります。

成人した後の歯科矯正では、噛み合わせに問題があり食べ物をうまく噛めない場合の咀嚼改善、歯並びに問題があり滑舌が悪く会話が困難である発音障害など、機能面に問題があるケースでは機能回復のための治療として医療費控除の対象になる可能性が高くなります。

美容目的の歯列矯正などは対象になりませんので注意してください。基本的に医師からの診断書があれば医療費控除の対象になるので、自分の矯正治療が医療費控除の対象になるかどうかわからない方は歯科医院で聞いてみるのをお勧めします。

まとめ:なるべく多くのサービスに相談し、自分にあった矯正を

歯科矯正の値段を、手法や流れといったポイントごとに解説しました。

歯科矯正をはじめるにあたり、どうしても値段は気になってしまうものです。ただ一方で、重要になるのは矯正治療の質です。安いからといって自分の歯の状態に合わない治療を選んでしまうと、あとあと様々なトラブルにつながります。

まずは複数のサービス・歯科医師に相談して、自分の状態にあった矯正方法を選ぶことから始めましょう。

マウスピース矯正のhanaravi(ハナラビ)は、月々4,700円という、利用しやすい価格でマウスピース矯正を始めることができます。

その他のhanaraviの特徴

  • 「定額制」で余計な費用負担ナシ
  • 「経験豊富な歯科医師」が担当するため、失敗も少ない
  • 「矯正後のイメージを見て契約」で、予定通りの矯正を実現
  • 「マウスピース矯正」で痛みも少なく、見た目も気にならない
  • 「リテーナー1回無料」でアフターケアも万全
  • 「LINEサポート」で通院不要

公式LINEアカウントから費用目安のチェックや無料相談の申込ができますので、まずはお気軽にご確認ください。