マウスピース矯正の値段・料金の平均金額・相場は?ブランド別の比較や選ぶポイントも

大分大学医学部医学科卒業。医師として救急医療や在宅医療に従事し、マウスピース歯科矯正hanaravi(ハナラビ)を提供する株式会社DRIPSを創業。医療現場で予防の重要性や予防に取り組んでもらうことの難しさを痛感。美容という切り口で本質的な予防につなげる入口として、口腔という臓器に興味を持つ。口腔環境が多くの臓器に影響を及ぼし、多くの病気に繋がってしまうというポイントから予防について新聞・テレビ・WEBメディア等で情報を発信している。 https://www.med.oita-u.ac.jp/ https://www.oita-u.ac.jp/
 

マウスピース矯正は、見た目が目立たず、比較的安い費用で済む人気の矯正方法です。

しかし歯並びの状態やマウスピース矯正のブランド、矯正範囲、クリニックによって値段が大きく異なり、相場感も20万円~100万円と幅広いため、どう選べばいいか迷ってしまう人も多いのが事実。

きちんと調べて治療先を選ばなければ、「治療後に後悔してしまった…」ということにもなりかねません。

そこでこの記事では、

などについて解説します。

「自分に合った矯正の料金が知りたい」「マウスピース矯正に興味があるけど、選択肢が多くて難しい」という人はぜひ、参考にしてください。

LINEにご登録いただくと症例ごとのおおよその費用感をご確認いただけます。下記よりご確認ください!

目次

1. マウスピース矯正の費用・料金相場|10~100万円

マウスピース矯正の費用・料金相場はおよそ10万~100万円です。

矯正ブランドによっても細かく治療費の相場は異なりますが、最も大きく相場が異なるのは「部分矯正か/全体矯正か」の違いです。

  • 部分矯正の相場:10万~40万円
  • 全体矯正の相場:60万~100万円
部分矯正とは?
前歯だけ・一本だけなど一部の歯列を矯正する方法のこと。歯列全体を矯正する「全体矯正」と比べて、治療費が低いのが特徴。気になる部分だけ気軽に矯正できる方法として、近年人気を集めている。

(1)部分矯正の費用相場:10~40万円

マウスピース矯正で部分矯正を選択した場合、費用の相場は10万~40万円です。

部分矯正は、一部の歯列だけ矯正するため、費用がリーズナブルであり、治療期間も短いのが特徴です。

一方、噛み合わせを治療できないのがデメリットとなります。

噛み合わせは治療すべきなの?
噛み合わせに問題がある場合は、治療を検討するのがおすすめです。

嚙み合わせの改善は、歯周病・虫歯の予防や、顎関節・咬筋の負担などによって発生する身体的な不調の改善につながります。

これにより、長期的な健康・QOL(生活の質)を保つことができ、将来的に発生する医療費を削減できるなどのメリットが得られます。

関連記事:前歯のみの部分矯正とは?矯正方法とメリット・デメリットを解説!

部分矯正を希望する場合は、まずはカウンセリングなどで専門の医師に相談しましょう。

マウスピース矯正のhanaraviでは無料相談を実施しているので、気になることがあればお問合せください。

①マウスピース矯正hanaraviの事例:すきっ歯・30万円

実際に、マウスピース矯正で軽度のすきっ歯を治療した事例写真と治療費をご紹介します。

この症例では、30万円の治療費で前歯の部分矯正を行いました。

すきっ歯の症例

症状 正中離開(すきっ歯)
費用 ¥300,000(検査代+処置代+アライナー代+リテーナー代込み)
期間 約6ヶ月
年齢 31歳
性別 男性
治療内容 11番、21番が正中から離れている為、そこを優先的にマウスピースで動かしてで埋める。
それに伴い上下顎の軽度のガタツキを治療。
リスク 歯を動かすことによって歯と歯肉との間に隙間ができてしまうことがございます。この場合は歯を削る処置を行い歯同士をより密着させて隙間を無くす処置をとります。 歯を動かすことによって歯根が短くなり、治療後に歯がグラグラしてしまう事が考えられます。 先天的な要因でそのリスクが高い方にはレントゲンによる画像診断を行います。矯正治療中に歯に大きな力が加わると稀に歯の神経が死んでしまうことがございます。矯正治療によって噛み合わせが変化し、顎関節症になってしまうリスクが考えられます。 多くの場合は経過観察を行っていく中で自然に治っていきます。

②マウスピース矯正hanaraviの事例:出っ歯・45万円

以下の出っ歯のケースでは、45万円ほどの費用で治療を行うことができました。

出っ歯の症例

症状 上顎前突(出っ歯)
費用 ¥450,000(検査代+処置代+アライナー代+リテーナー代込み)
期間 約8ヶ月
年齢 21歳
性別 女性
治療内容 11番、21番の前突をマウスピースにて舌側傾斜させて改善。
リスク 歯を動かすことによって歯と歯肉との間に隙間ができてしまうことがございます。この場合は歯を削る処置を行い歯同士をより密着させて隙間を無くす処置をとります。
歯を動かすことによって歯根が短くなり、治療後に歯がグラグラしてしまう事が考えられます。先天的な要因でそのリスクが高い方にはレントゲンによる画像診断を行います。矯正治療中に歯に大きな力が加わると稀に歯の神経が死んでしまうことがございます。矯正治療によって噛み合わせが変化し、顎関節症になってしまうリスクが考えられます。多くの場合は経過観察を行っていく中で自然に治っていきます。

③マウスピース矯正hanaraviの事例:ガタツキ・45万円

以下の歯のガタツキのケースもまた、45万円ほどの治療費でした。

ガタツキのある歯の症例

症状 叢生(前歯のガタツキ)
費用 ¥450,000(検査代+処置代+アライナー代+リテーナー代込み)
期間 約1年
年齢 28歳
性別 女性
治療内容 主訴は11番の前突、それによる歯列弓全体に及ぶ叢生をマウスピースを用いて改善。
リスク 歯を動かすことによって歯と歯肉との間に隙間ができてしまうことがございます。 こ の場合は歯を削る処置を行い歯同士をより密着させて隙間を無くす処置をとります。 歯を動かすことによって歯根が短くなり、治療後に歯がグラグラしてしまう事が考え られます。 先天的な要因でそのリスクが高い方にはレントゲンによる画像診断を行い ます。 矯正治療中に歯に大きな力が加わると稀に歯の神経が死んでしまうことがござ います。矯正治療によって噛み合わせが変化し、顎関節症になってしまうリスクが考 えられます。 多くの場合は経過観察を行っていく中で自然に治っていきます。
hanaraviは月々3,600円で矯正可能
hanaraviでは、症例にもよりますが、月々3,600円という低コストから矯正治療が可能です。 また、矯正開始前に治療にかかる総額を提示し、追加の費用は頂きません。

(2)全体矯正(奥歯まで)の費用相場:60~100万円

全体矯正の場合、費用相場は60~100万円です。

前述した噛み合わせの治療のほか、抜歯を伴う重度の歯並びの乱れの治療などでも全体矯正が行われます。

歯科矯正で抜歯することもあるの?
重度の歯列の乱れを治療する際などには抜歯を行うことがあります。抜歯によってスペースをつくることで、歯を大きく動かせるようになるためです。

関連記事:抜歯矯正は口元が引っ込みすぎる?原因や予防法を解説

一方、全体矯正は比較的費用が高く、治療期間も長い傾向があります。

「自分は全体矯正が必要だと思っていたら、部分矯正でOKと言われた」という人もいるので、まずは無料カウンセリングなどから始めると良いでしょう。

2. マウスピース矯正の治療を進める流れとフェーズ毎の費用・値段

(1)カウンセリング・治療前診断:6万~10万円

まず、マウスピース矯正の治療に入る前に、歯科医によるカウンセリングや治療前診断が必要です。

無料で実施できる歯科医院もありますが、マウスピース矯正の費用とは別に5,000円程度かかるケースもあるでしょう。

レントゲン撮影・CT撮影・検査などの精密検査を実施すると、3~6万円程度の費用がかかることもあります

※精密検査によって虫歯や歯周病などが判明した場合、先に治療が必要となり、その分の治療費が2,000円~3万円ほどかかります。

治療前のプロセスで特に重要なのは精密検査です。この検査をもとに、治療費・治療期間・治療内容などの治療計画を立案します。

患者と医師とのあいだで認識が食い違ってると、あとで不満やトラブルが生じるため、治療計画については明確に確認するようにしましょう。

hanaraviの特徴
hanaraviでは、矯正開始前に、患者さんの歯をスキャンし、詳細な3Dイメージを制作します。
矯正前から矯正後までの歯の動きを動画で確認することができ、具体的な仕上がりイメージを確認したうえで矯正を始められます。

hanaraviの3Dシミュレーションイメージ】

hanaraviの精密検査で用いる3Dシミュレーションのイメージ画像。マウスピース矯正によって出っ歯の歯が動き、美しい歯並びへと整っていく様子を視覚的に理解することができる。

(2)マウスピースの製作開始・矯正中:10万円~100万円

カウンセリングや検査、治療前診断が終わったら、矯正用マウスピースの製作を開始します。

マウスピース矯正では、少しずつ形の異なる矯正用マウスピースを装着・交換して歯を動かしていくため、使用するマウスピースの枚数によっても値段が異なります。

hanaraviの矯正用マウスピース。少しずつ形の違うマウスピースを交換していくことで歯列を矯正する。

hanaraviの矯正用マウスピースの例。一人ひとりの歯並びに合わせて、少しずつ形の異なるマウスピースを制作し、治療で用いる

※マウスピースの基礎知識が知りたい方は以下の記事を参考にしてください

参考記事:マウスピース矯正とは?効果やメリット、ワイヤー矯正との違いを解説

矯正用マウスピースにかかる費用は、前述のとおり10万〜100万円程度です。

なお、矯正中は、定期的に通院を行い、医師による経過観察・矯正装置の調整が行われます。

通院ごとにかかる費用は3,000円~5,000円ほどであり、通院頻度はおよそ一か月に一回程度です。

hanaraviなら最低限の通院でOK
hanaraviでは、LINEを使った相談・サポート体制を整えています。
初診による対面診断のあとは、最低限の通院で矯正を行っていただけます。

(3)保定期間:6万円程度

矯正完了後は、「後戻り」を防ぐための保定期間へ移行します。

後戻りとは?
後戻りとは、矯正後に歯が元の位置に戻ってしまうことをいいます。矯正後は動かした歯の位置をしっかりと保定しなければ後戻りが生じてしまい、治療効果が失われてしまいます。そのため歯科矯正では、リテーナーと呼ばれる専用装置を使って歯の位置を保定する「保定期間」が設けられています。

保定期間には、保定のための専用器具「リテーナー」にかかる費用が3万~6万円程度かかります。

また、保定期間中は、数か月から1年程度(場合によってはさらに長期間)経過観察を行います。

経過観察を行う際は、通院ごとに3,000円~4,000円程度の通院費が発生します。

hanaraviは月々3,600円で矯正可能
hanaraviでは、症例にもよりますが、月々3,600円という低コストから矯正治療が可能です。 また、矯正開始前に治療にかかる総額を提示し、追加の費用は頂きません。

3. マウスピース矯正の費用の支払い方法

料金が高額になる歯科矯正では、支払い方法について確認することも重要です。

支払い方法は、大きく分けて2つ種類があります。

  • 処置別支払い制
  • トータルフィー制

(1)処置別支払い制(都度払い制・回数制)

処置別支払い制のシステムの場合、治療を受けるたびに支払いを行います

初回費用を支払い、マウスピースを初回作成してその後はマウスピースを受け取るたびに支払いを行います。

支払いの例としては以下のとおりです。

矯正前にかかる費用 矯正中にかかる費用 矯正完了後にかかる費用
・カウンセリング:無料
・精密検査/診察:30,000円
・虫歯/歯周病治療:5,000円
・抜歯:2本(5,000円/本)⇒合計金額45,000円
・矯正装置料:800,000円
・調整料:5,000円/回
・矯正期間:2年間
・通院頻度:1ヶ月に1回⇒合計金額920,000円
・保定装置料:66,000円
・観察料:5,000円/回
・保定期間:2年間
・保定期間中の通院頻度:3ヶ月に1回⇒合計金額106,000円

このケースの総額費用は105万1,000円となります。

上記の例からもわかるとおり、処置別支払い制には総額費用がわかりづらいというデメリットがあります。

また、治療が長引いた場合などには追加料金が発生するというデメリットもあります。

一方、処置別支払い制は、治療が早めに終わった場合には治療費を抑えられるといったメリットがあります。

(2)総額制(トータルフィー制・総額固定料金制・総額提示方式)

マウスピース矯正には、都度払いとは別に「総額制(=トータルフィー)」という支払い方法もあります。

総額制では、はじめに定められた金額を支払います。そのため総額がわかりやすく基本的に追加料金が発生しないというメリットがあります。

例えばhanaraviの場合、以下の3つの料金プランに沿って料金を支払います。

Basicプラン(軽度の歯並び) 月々1.5万円(税抜)/24回
・あるいは一括払いで30万円(税抜)
Mediumプラン(軽~中程度の歯並び) 月々3万円(税抜)/18回
・あるいは一括払いで45万円(税抜)
Proプラン(中度以上の歯並び) 月々30万円(税抜)/24回
・あるいは一括払いで60万円(税抜)

総額制には、「矯正期間が延長すると総額が高くなる」という処置別支払い制のデメリットがありません

ただし、総額制では「どこまで総額料金に含まれているか」がクリニックによって異なるので注意しましょう。

hanaraviは月々3,600円で矯正可能
hanaraviでは、症例にもよりますが、月々3,600円という低コストから矯正治療が可能です。 また、矯正開始前に治療にかかる総額を提示し、追加の費用はいただきません。

4. マウスピース矯正の種類|ブランド毎に特徴・料金を紹介

マウスピース矯正のシステムや特徴、費用は、運営会社ごとに異なります。

まずここでは、マウスピース矯正に関する種類とシステムについてメリット、デメリットを交えて紹介していきます。

(1)hanaravi(ハナラビ)

①hanaraviのシステムと特徴

hanaravi(ハナラビ)は価格が一律で決まっています。

歯列のガタつきの具合によって費用プランが異なり、短期的な矯正で済む場合は安いプランを選択することができます。

LINEで気軽に矯正に関する相談ができるためモチベーションの維持がしやすいです。

②hanaraviの価格・プラン料金

かかる総額と治療期間の目安は下記になります。

プラン別・料金

  • Basicプラン(軽度の矯正) 月々1.5万円(税抜)/24回 または一括払いで30万円(税抜)
  • Mediumプラン(軽~中程度の矯正) 月々3万円(税抜)/18回 または一括払いで45万円(税抜)
  • Proプラン(中度以上の矯正) 月々3万円(税抜)/24回 または一括払いで60万円(税抜)

(2)インビザライン

①インビザラインのシステムと特徴

20年以上マウスピース矯正のシステムを広めてきたマウスピース矯正のパイオニアです。

最も歴史が長く、取り扱っている歯科医院が多いため、地方でもこの治療を受診できます。

扱える症例も幅広く、奥歯まで動かせることが特徴です。

②インビザラインの価格・プラン料金

価格相場は部分矯正が30〜50万円がで、全体矯正が70〜100万円です。

歯科医院によっては毎月の調整料が4,000円〜1万円かかるところもあるので事前に確認する必要があります。

(3)キレイライン矯正

①キレイライン矯正のシステムと特徴

より低価格で高品質な矯正治療を多くの人が受けられるようにと開発された矯正システムです。

前歯12本を重点的に動かすのが特徴です。

また、ホワイトニングと矯正治療を同時に行うことができるので、より見栄えのいい歯並びを実現できます。

②キレイライン矯正の価格・プラン料金

都度払いと分割払い、一括払いの3つの方法があり、都度払いの場合、初回2万円(次回以降都度4万円)から始められる手軽な価格設定になっています。

分割払いの場合は、コース料金の総額を毎月分割で支払うため、月々の支払い計画が明確です。

一括払いの場合、都度払いよりお得な料金設定となっています。

症例によってかかる総額は異なり、主に下記の通りとなっています。

程度ごとの金額イメージ

  • 軽度 10〜15万円
  • 軽度〜中度 15〜20万円
  • 中度 20〜30万円
  • 重度 適用外

(4)クリアコレクト

①クリアコレクトのシステムと特徴

2006年にアメリカで開発されたストローマン社が展開するマウスピース矯正です。ストローマン社製の3Dスキャナーと呼ばれるデジタル印象が取得できる特殊なカメラで口腔内をスキャニングして治療計画を立てます。

クリアコレクトのマウスピースは歯茎まで覆うような形になっているため、他の歯列のみを覆う形のマウスピース矯正と比べて保持性が優れているのが特徴です。

②クリアコレクトの価格・プラン料金

価格は30万円程度です。こちらもマウスピースの交換の回数によって価格が異なり、矯正期間が長くなるほど金額がかかります。

サブスクリプションで提供している歯科医院もあり、その場合50万円〜80万円程費用が発生します。

また、デンタルローンによる分割払いやクレジットカード払い、ジャックスを使った60回払いなど負担の少ない支払い方法を用意している歯科医院もあります。

(5)アソアライナー

①アソアライナーのシステムと特徴

矯正専門の歯科技工所アソインターナショナルジャパンが提供するマウスピース矯正です。

治療開始までの時間が短く、歯の型取りから約10日間でマウスピース矯正を始めることができます。

マウスピースを作成するたびに型取りが必要で、比較的通院回数の多いマウスピース矯正のシステムです。

治療期間は約4〜18カ月で完結します。

②アソアライナーの価格・プラン料金

上顎、下顎いずれかであれば28〜40万円、上下両顎行う場合は47〜70万ほどかかります。

マウスピースの作成回数や治療期間によって金額が決まります。

(6)Oh my teeth

①Oh my teethのシステムと特徴

リーズナブルかつわかりやすい金額設定と通院が一切不要のシステムが特徴。

24時間のオンラインの相談窓口があり、スマートフォンから気軽に相談できるのでモチベーションも保ちやすいです。

マウスピースは自宅に配送されるので、忙しい人でも気軽に矯正を始めることができます。

定期的に患者さん自身の歯並びを歯科医師にスマートフォンから送ることで経過を一緒に確認しながら進めていけます。

Oh my teethの価格・プラン料金

30万円(税別)もしくは60万円(税別)の2種類

30万円のベーシックタイプは、前歯部のみに特化した矯正プランで矯正期間は平均3カ月です。

60万円のプロタイプは、奥歯まで矯正をしたい場合のプランで矯正期間は平均6カ月です。

(7)DPEARL

①DPEARLのシステムと特徴

DPEARLは、LINEと連携した『DPEARL support』という患者さんのモチベーション低下を防ぐためのプログラムを有しており、マウスピース型矯正でありがちな途中離脱を防ぎます。

LINE上で『DPEARL support』経由でオンラインフォローアップを受けることも可能なため、忙しい方でも通院することなく、ご自身のペースで矯正を行うことができます。

相談もLINE経由でいつでも気軽に行うことができ、気軽に不安が解消できます。

DPEARLの価格・プラン料金

歯並びのガタつき具合によって矯正期間が異なり、それに応じた価格設定となっております。

期間と総額のイメージ ※税込金額

  • 〜4ヶ月(短期) 30.8万円
  • 〜6ヶ月(中期) 42.9万円
  • 〜8ヶ月(長期) 55.4万円
  • 〜10ヶ月(ハイブリッドパック) 69.3万円

(8)各マウスピース矯正ブランドの価格・総額費用まとめ

【マウスピース矯正 部分矯正の総額目安】

  • hanaravi(ハナラビ) 30~45万円
  • インビザライン 30〜50万円
  • キレイライン矯正 10〜30万円
  • クリアコレクト 30〜80万円
  • アソアライナー 28〜万円
  • Oh my teeth 33万円
  • DPEARL 30.8〜55.4万円

マウスピース矯正はシステムによって金額はさまざまです。

歯並びの程度にもよりますが、20〜30万円と比較的安価で十分に矯正が行えることがわかります。

※上記金額以外にリテーナーなどの料金が追加されます。

また、拡大床など他の装置が必要となった場合、別途費用が発生しますので、総額いくらかかるかについてはカウンセリング時に必ず確認しましょう。

5. マウスピース矯正を選ぶ際の価格・費用以外のポイント

価格以外にマウスピース矯正を比較する場合、どのような特徴があるのでしょうか。

マウスピース矯正を検討した場合の、価格以外の比較ポイントについて解説していきます。

  1. 通院頻度が高いかどうか
  2. マウスピース矯正完了後も継続して付き合いたい医院かどうか
  3. 小中学生、高校生、成人など年齢ごとのマウスピース矯正の値段・費用が異なるのか
  4. マウスピース矯正にデンタルローンを利用できるのか

(1)通院頻度が高いかどうか

通院頻度がどのくらい必要なのかは、サービスを比較するポイントとして重要です。

月1~2回定期的に通院する必要があるサービスもありますが、定期的な受診の必要がなく、必要最低限の通院回数で矯正をすすめられるサービスもあります。

例えば地方や海外に住んでいて近くに質の高い矯正歯科がない場合や仕事や育児が忙しくなかなか自由な時間が作れない場合、通院が頻繁にあると治療を続けるのが困難です。

そんな人の場合は、hanaravi(ハナラビ)やOh my teethなど、オンラインで矯正をすすめられる矯正サービスがおすすめ。

hanaraviの場合は、矯正中、年末年始などの長期休暇中でもLINEで相談できるので、遠方ですぐに受診できない人でも安心して治療をすすめられるのが魅力です。

hanaraviなら最低限の通院でOK
hanaraviでは、LINEを使った相談・サポート体制を整えています。
初診による対面診断のあとは、最低限の通院で矯正を行っていただけます。

(2)マウスピース矯正完了後も継続して付き合いたい医院かどうか

歯列矯正は、治療が終わった後も矯正後の歯を保定したり、終了後の観察を受ける必要があります。

そのため、1年で治療が終わったとしても、その後数年単位で歯科医院と付き合い続けなくてはなりません

治療の質の高さやコミュニケーションの取りやすさ、料金設定、歯科医師やスタッフの印象やクリニックの雰囲気・場所など、あなたにとって長く付き合いたい医院かどうかをチェックしましょう

(3)小中学生、高校生、成人など年齢ごとの値段・費用が異なるのか

歯科医院によっては年齢や開始した時期ごとに、矯正にかかる総費用や料金体系が異なります

そのため、あなたの年齢(お子様の治療の場合は、お子様の年齢)の矯正費用がいくらなのかも大切なポイントです。

例えば、永久歯が生えそろう前からマウスピース矯正を始めた際には、乳歯と永久歯の両方があった時期の料金が差し引かれる場合もあります。

また、永久歯が生えそろった中学生や高校生は、マウスピース矯正の値段が大人と同程度になるケースもあるでしょう。カウンセリングの際に、詳細を聞いておくことがおすすめです。

(4)マウスピース矯正にデンタルローンを利用できるのか

マウスピース矯正はほとんどの場合が自由診療となるため、保険適用外となり費用が高額になりがちです。

総費用を一括で支払わなければならない場合は、家計に負担がかかる可能性が高くなります。

できるだけマウスピース矯正の費用による負担を軽くしたい方はデンタルローンを検討してみましょう。

デンタルローンとは
歯科治療費に特化したローンのこと。信販会社や金融機関などがマウスピース矯正にかかった費用を立て替えて払い、分割払いで元本と利息を返済していく仕組み。金利は約3〜8%で、一般的なカードローン(金利15%程度)と比べると格段に低いことがメリット。

なお、デンタルローンの内容は歯科医院によって異なり、デンタルローンに加盟した歯科医院のみで利用できます

そのため、事前に確認することが大切です。

hanaraviはデンタルローンが利用可能
hanaraviでは、デンタルローンの利用が可能です。また、その他各種支払い方法の取り扱いがあるため、患者様一人ひとりに合った支払い方法をご提案できます。

6. マウスピース矯正の費用を安く抑える方法

安くても数十万円はかかるマウスピース矯正。

できるなら費用を安く抑えたいですよね。

そこでこの章では、マウスピース矯正の費用を安く抑える方法をご紹介します。

  1. 医療費控除ができるか確認する
  2. 保険適用になるか確認する
  3. 分割払いではなく一括払いを選ぶ
  4. モニター制度を利用する

(1)医療費控除ができるか確認する

子どもの歯列矯正や、成人の機能回復の治療の場合、医療費控除の対象になることがあります。

医療費控除とは、1年間にかかった医療費が、規定の金額を超えた際に、支払った医療費をもとに計算した金額分の所得控除を受けられる制度です。

確定申告の際に医療費控除を申請することで、申請する年1年間(1月〜12月)に支払った医療費に応じて課税所得が少なくなり、納める税金の金額が減る、あるいは納めた税金が一部還付されます。

医療費控除が適用される場合は、治療費の一部が返ってくるため、結果的に安く抑えることができます。

歯科矯正の医療費控除について詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

歯科矯正で医療費控除は適応できる?仕組みや条件を徹底解説!

(2)保険適用になるか確認する

歯列矯正は、基本的には保険が適用できない「自由診療」での治療です。

ただし、例外もあることを覚えておきましょう。

公益社団法人日本矯正歯科学会によると、下記の3つに当てはまる場合、歯科矯正であっても保険適用となります。

①「厚生労働大臣が定める疾患」に起因した咬合異常

②前歯3歯以上の永久歯萌出不全に起因した咬合異常(埋伏歯開窓術を必要とするものに限る)

③顎変形症(顎離断等の手術を必要とするものに限る)

引用元:矯正歯科治療が保険診療の適用になる場合とは

あなたの歯並びが保険適用の症例かどうか知りたい場合は、まずは信頼できる歯科医院で診断を受けましょう。

hanaraviは矯正経験豊富な医師が対応
hanaraviでは、矯正治療の専門知識が豊富な、専門の歯科医師のみと提携しています。
患者さんひとりひとりにあった、最適な矯正計画を提案します。

(3)ローンや分割払いではなく一括払いを選ぶ

歯科矯正の費用を少しでも安く抑えたい場合は、ローンや分割払いよりも一括払いを選ぶことがおすすめです。

ローンや分割払いは、ほとんどの場合、手数料がかかるためです。

一括払いを選べば、数%とはいえ費用を浮かせることができます。

(4)モニター制度を利用する

歯科医院や矯正サービスが独自におこなっているモニター制度を利用することも、費用を抑えたい人にはおすすめです。

モニター制度とは、治療のビフォーアフター写真や感想などをクリニックやサービス運営会社に提供する代わりに矯正を割引価格で利用できる制度です。

モニター制度を利用すれば、矯正費用から数万円程度割引になることが多いでしょう。

hanaraviでも、モニターを募集していることがあります。

気になる人は、LINEから問い合わせてみてくださいね。

ただし、「実質無料で矯正できる」などと謳っている場合は要注意です。

詐欺である可能性が高いからです。

マウスピース矯正を無料で提供してしまうと、普通の歯科医院では経営が成り立ちません。

「無料でできる」というからには、何か裏にカラクリがあると考えておいた方が良いでしょう。

モニター詐欺について詳しく知りたい人は、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

歯科矯正のモニターとは?トラブルに遭わないためのポイントも解説 歯科矯正のモニターとは?トラブルに遭わないためのポイントも解説

7. 【一覧表あり】ワイヤー矯正など他の矯正方法の費用を比較

歯科矯正には、マウスピース矯正のほかにも、ワイヤー矯正など複数の方法があります。

治療がはじまってから後悔しないためにも、他の矯正方法の特徴や費用について理解しておくことが重要です。

ワイヤー矯正など、他の歯科矯正の特徴や費用の相場は、以下の表のとおりです。

矯正方法の比較表。マウスピース矯正の特徴は、目立ちにくい、自分で着脱可能、痛みが比較的少ない、食事の邪魔にならない、歯磨きしやすい、費用が比較的安価な点。適応症例は出っ歯、すきっ歯、受け口、八重歯、がたつきのある歯並び。快適さは◎、治療期間は1~2年。費用の目安は60~100万円(部分矯正の場合10~40万円)。表側矯正(ワイヤー矯正)の特徴は、適応症例が多い、矯正装置が目立つ、痛みや違和感が比較的強い、食事や口腔ケアがしにくい点。適応症例は、出っ歯、すきっ歯、受け口、八重歯、がたつきのある歯並び、歯を大きく動かす必要のある歯並び。快適さは△、治療期間は2年程度。費用目安は60~130万円(部分矯正の場合30~60万円)。裏側矯正(ワイヤー矯正)の特徴は、適応症例が多い、目立ちにくい、費用が比較的高額、食事や口腔ケアがしにくい、口内炎ができやすい、喋りづらい点。適応症例は表側矯正と同様。快適さは×。tiryoukika年程度。費用目安は100~170万円(部分矯正の場合40~70万円)。セラミック矯正の特徴は、治療期間が短い、健康な歯を削る必要がある、神経を取る場合がある、噛み合わせは治療できない、痛みが出ることがある、費用が高額、歯の色も選べる点。適応症例はマウスピース矯正と同様。快適さは◎。治療期間は即日~数ヶ月程度。費用目安は1本あたり8~18万円。

抜歯を行い、歯を大きく動かす必要があるケースなど、マウスピース矯正よりもワイヤー矯正の方が向いている歯並びもあります

自分の歯並びに合った矯正方法を選択できなければ、治療期間が延長したり、それに伴って追加の治療費が発生したりする可能性が高くなります。

そのためクリニックや矯正ブランドを選ぶ際は、「マウスピース矯正にもワイヤー矯正にも詳しい医師に相談すること」が重要になります

hanaraviは矯正経験豊富な専門の歯科医師が対応
hanaraviでは、ワイヤー矯正にもマウスピース矯正にも詳しい専門の歯科医師のみと提携しています。
患者さんひとりひとりにあった、最適な矯正計画を提案します。

8. 月々3,600円から始められるマウスピース矯正「hanaravi(ハナラビ)

マウスピース矯正を選ぶ際は、費用はもちろん、そのほかの特徴なども踏まえて治療先を選ぶことが重要です。

「費用にこだわって失敗したくない」

「自分に合った治療方法を選びたい」

「一度専門の医師に相談したい」

そんな考えを持った人は、無料相談も行っているhanaraviにお問い合わせください。

hanaraviなら、マウスピース矯正にもワイヤー矯正にも詳しい専門の歯科医師が、あなたにぴったりな治療プランを提案できます。

またhanaraviでは、ワイヤー矯正・マウスピース矯正いずれにも詳しい、厳選された専門の歯科医師とのみ提携しています

矯正経験が豊富な医師が治療を担当するので、安心して矯正ができます。

また、月々3,600円(税抜)※と非常にリーズナブルな価格で歯科矯正を受けられます(※Basicプラン年利2.5%で91回払いの場合)。

hanaravi(ハナラビ)の特徴

  • 月々1.5万円、30万円の低コスト
  • 最短3カ月で完了
  • マウスピースが自宅に届くので通院不要
  • 矯正中の悩みや疑問をいつでもLINEで相談できるオンラインサポートが充実
  • 矯正しながらホワイトニングできる

子供の矯正費用の相場は?種類別・ステップ別に解説し、よくある疑問まで