インビザラインで後悔した理由は?マウスピース矯正をする前に知っておきたい注意点

大分大学医学部医学科卒業。医師として救急医療や在宅医療に従事し、マウスピース歯科矯正hanaravi(ハナラビ)を提供する株式会社DRIPSを創業。医療現場で予防の重要性や予防に取り組んでもらうことの難しさを痛感。美容という切り口で本質的な予防につなげる入口として、口腔という臓器に興味を持つ。口腔環境が多くの臓器に影響を及ぼし、多くの病気に繋がってしまうというポイントから予防について新聞・テレビ・WEBメディア等で情報を発信している。 https://www.med.oita-u.ac.jp/ https://www.oita-u.ac.jp/
 

インビザラインは人気のマウスピース矯正サービスですが、「後悔したらどうしよう」と不安に思っている人も多いでしょう。

この記事では、インビザラインで後悔する理由や注意点を実際のユーザーの声を交えてご紹介します。

「そもそもマウスピース矯正が自分に合っているのかわからない」という人は、ぜひhanaravi無料相談でご相談ください。

1.インビザラインで後悔する主な理由

インビザラインで後悔する主な理由には以下のようなものがあります。

(1)思ったより装着時間が長かった

インビザラインなどのマウスピース型矯正装置は、1日20時間以上の装着が必要です。

食事や歯磨きのとき以外は、基本的にマウスピースを装着し続ける必要があるのです。

治療開始直後は着け外しに手間取ったり、喋りにくさを感じて「装着時間が長い」と感じやすいでしょう。

ただ、装着が習慣になってしまえば気にならなくなることがほとんどです。

(2)痛みや違和感がある

インビザラインの装着開始直後は、歯や歯茎に痛みや違和感を感じることがあります

これはマウスピースが歯を動かすために一定の力をかけているためで、ある程度は仕方のないことです。

しかしなかには、その痛みや違和感が予想以上に強く感じるという人も。

このような痛みや違和感に「インビザラインをやらなければよかった」と後悔する人もいるようです。

ただし、マウスピース装着後の痛みは時間の経過とともに軽減され、数日~1週間ほどでまったく気にならないほどになります

実際、hanaraviのマウスピース矯正を利用している患者様にアンケートをとったところ、36.84%の人がほとんど痛みを感じなかったと回答しています。

マウスピース矯正の痛みに関して、hanaraviのユーザーにインタビューをした結果をまとめた画像

痛みが気になるなら、hanaraviのマウスピース矯正を検討してみてくださいね。

(3)歯茎が下がるなどの問題が生じた

マウスピース矯正に限らず、歯科矯正では歯茎が下がる歯肉退縮(しにくたいしゅく)が起こるリスクがあります。

歯肉退縮(しにくたいしゅく)とは
歯茎が下がって歯の根元が露出してしまう状態のこと。歯と歯の間にすき間が空いたり、口元が痩せて見えたりする。

歯肉退縮が起こる主な原因は以下の4つです。

  1. 歯周病が治らないまま矯正をすすめた

  2. 歯槽骨が薄い

  3. 過度な歯磨き

  4. 矯正中の口腔ケアの不足

特にワイヤー矯正中は口腔ケアが行き届きにくく、歯周病や虫歯のリスクが高まります。

口腔ケアに自信のない人は、普段通りに口腔ケアができるマウスピース矯正を選びましょう。

hanaraviは矯正経験豊富な医師が対応
hanaraviでは、矯正治療の専門知識が豊富な、専門の歯科医師のみと提携しています。
患者さんの口腔内を見て正確に診断し、リスクの少ない最適な矯正計画を提案します。

(4)思い通りの仕上がりにならなかった

インビザラインで矯正したものの、当初のイメージとは異なる仕上がりになってしまい後悔したという声があります。

  • 望んでいた歯並びにならなかった
  • 噛み合わせが改善されない
  • 口元が引っ込みすぎた
  • 口元が出てしまった(口ゴボ)

など、矯正前の悩みが解消されなかったり、新たな問題が生じたりすることがあるようです。

こうした失敗を防ぐには、治療前に歯科医師とよく相談し、シミュレーションを見ながら仕上がりのイメージを共有することが大切です。

また、治療途中で違和感を覚えたらすぐに担当医に伝え、修正を依頼するのも一つの方法といえるでしょう。

hanaraviの特徴
hanaraviでは、矯正開始前に、患者さんの歯をスキャンし、詳細な3Dイメージを制作します。
矯正前から矯正後までの歯の動きを動画で確認することができ、具体的な仕上がりイメージを確認したうえで矯正を始められます。

(5)後戻りが起きてしまった

矯正後に保定装置の装着を怠ってしまうと、せっかく治した歯並びがもとに戻ってしまう「後戻り」が起こります。

後戻りが起きた場合の対処法としては、

  • まずは担当の歯科医師にしっかりと相談する
  • セカンドオピニオンを活用し、他院の意見も聞く
  • 後戻りに気付いた時点から保定装置(リテーナー)の装着を長めにする

などが挙げられます。

矯正の効果を長く保つためには、治療後のケアが非常に大切です。

リテーナーの使用を歯科医師の指示通りおこない、定期的な経過観察の通院もしっかり続けましょう。

(5)費用が予想以上にかかった

インビザラインは保険適用外の自由診療のため、費用は全額自己負担です。

平均的な費用は50〜100万円と高額で、重度や矯正装置の種類によってはさらに高くなることも。

女性

インビザ始めたの後悔してないしむしろもっと早く始めれば良かったと思ってるけど、やってなければ100万プラスで貯金があると思うと切ない つまり元から歯並びよい人が羨ましい

(出典:X

また、当初の見積もりよりも費用が膨らんで後悔するケースもあるようです。

例えば以下のような場合、追加費用が発生することがあります。

  • 途中で矯正方法を変更した
  • 引越しなどで転院した
  • 予定通りに歯が動かず追加の治療が必要になった
  • 安いプランで契約したが物足りず追加の治療を始めた

矯正にはお金がかかるのは仕方のないことですが、予算オーバーにならないよう事前の説明をしっかり聞いて納得したうえで治療を始めることが大切です。

そのため信頼できる歯科医院選びも重要なポイントといえるでしょう。

hanaraviは月々3,600円(税別)で矯正可能
hanaraviでは、症例にもよりますが、月々3,600円(税別)という低コストから矯正治療が可能です。 また、矯正開始前に治療にかかる総額を提示し、追加の費用は頂きません。

2.インビザラインで後悔しないために知っておくべきこと

インビザラインで後悔しないために、以下の点を知っておきましょう。

(1)自分に合った矯正方法かどうかよく検討する

インビザラインで後悔しないためには、まずインビザラインやマウスピース矯正が自分に最適な矯正方法かどうか検討することが大切です。

歯並びの状態によってはワイヤー矯正の方が適している可能性もあるからです。

費用面でも、他の矯正方法やサービスと比べて予算とのバランスを考える必要があるでしょう。

歯並びの状態、予算などを総合的に判断し、本当に自分に合った矯正方法を選ぶことが、インビザラインで後悔しないための第一歩となります。

(2)信頼できる経験豊富な歯科医師を選ぶ

インビザラインなどのマウスピース矯正をおこなう際は、信頼できる経験豊富な歯科医師を選ぶことが非常に重要です。

マウスピース矯正は導入しやすいシステムなので、矯正治療に慣れていない歯科医師でも取り扱えます。

しかし、マウスピース矯正の臨床経験が豊富な歯科医師のほうが、より的確な診断と治療が可能でしょう。

失敗しない矯正歯科の選び方が知りたい人は、こちらの記事も参考にしてみてくださいね。

矯正歯科の選び方を医師が解説!6つのポイントとよくある疑問も紹介 矯正歯科の選び方を医師が解説!6つのポイントとよくある疑問も紹介

(3)装着時間を守り、口腔内を清潔に保つ

インビザラインで後悔しないためには、装着時間を守り、口腔内を清潔に保つことが大切です。

マウスピースの装着時間は1日20時間以上が理想的とされています。

装着時間が短いと、治療期間が長引いたり、歯が予定通り動かず追加の治療が必要になってしまうリスクがあります。

また、矯正中は虫歯や歯周病のリスクが高まります。

歯磨きをしっかりおこない、口腔内を清潔に保つよう心がけましょう。

(4)定期的な経過観察を怠らない

インビザラインなどのマウスピース矯正では、定期的な経過観察が重要です。

治療期間中は2〜4週間に1度程度の頻度で歯科医院を訪れ、歯科医師の診察を受けましょう。

経過観察では、以下のようなことをチェックしてもらいます。

  • 歯が予定通り動いているか
  • マウスピースがフィットしているか
  • ゴムかけなどで調整するかどうかの検討
  • 虫歯や歯周病の有無

一般的に、経過観察には定期的な通院が必要です。

しかし、仕事や育児が忙しく、通院するのが難しい人も少なくありません。

そんな人は、hanaraviのマウスピース矯正がおすすめです。

オンラインで経過観察ができるので定期的な通院の必要がなく、忙しい人にはピッタリのサービスです。

もちろん直接見てもらいたいときは通院してもOK。

患者様の都合に合った治療をすすめられます。

(5)治療後の保定を怠らない

インビザラインやマウスピース矯正を行ったあとは、保定期間中に歯が元の位置に戻らないよう、リテーナーの装着を怠らないことが大切です。

保定期間とは、矯正装置を外したあとに歯が後戻りしないように固定する期間のことです。

リテーナーの費用は通常1万円~6万円程度と安くはありませんが、保定を行わないと、高確率で歯が後戻りしてしまいます。

「少しでも費用を浮かせたい」という人は、hanaraviのマウスピース矯正がおすすめです。

hanaraviでは、プランを契約された方にリテーナーを1セット無料でプレゼント

後戻りを防ぐためにしっかりサポートするので、自己管理が苦手な人にもピッタリです。

3.インビザライン(マウスピース矯正)の注意点

マウスピース矯正をおこなう際には、いくつか注意すべき点があります。

(1)装着時間を守る

マウスピース矯正は、基本的に1日20時間以上の装着を前提に治療計画が立てられます。

装着時間が足りない日が続くと、計画通りに歯を動かすことができません。

さらに、せっかく動かした歯が元の位置に戻ってしまう「後戻り」が起こる可能性も。

後戻りが生じると、前のマウスピースをつけ直したり、治療計画を立て直す必要が出てきます。

結果的に治療期間が長引いてしまうのです。

女性

5日インビザ日中つけないで寝るときだけせめてでもってやってたけどやっぱり22時間つけてないといけないものを外してると5日でも少し後戻りしてて新しいインビザが嵌まらなくて急遽歯医者受診になった。また歯型作り直しってなるとつらいぞ…

(出典:X

1日の装着時間が守れないようであれば、早めに担当医に相談しましょう。

(2)歯磨きを怠ると虫歯や歯周病のリスクが高まる

インビザライン矯正中に歯磨きを怠ると、虫歯や歯周病のリスクが高まります。

虫歯や歯周病になってしまうと治療を中断する必要があったり、場合によってはマウスピースが合わなくなり、追加料金を払ってプランを作り直すことになってしまいます。

女性

歯医者行ってきました〜 奥歯の隙間に虫歯発見 辛すぎる 幸いインビザストップさせてまでの虫歯じゃないから一回治療したら何とかなりそう 歯磨きもっと気をつけなきゃ………

(出典:X

これらのリスクを避けるためには、以下のことを心がけましょう。

  • マウスピースを外したあとは必ず歯磨きをする(難しければ洗口)
  • 歯間ブラシやデンタルフロスも併用して歯垢を取り除く
  • 定期的に歯科医院でクリーニングを受ける

口腔ケアを適切におこなうことで、インビザライン矯正中のトラブルを防ぐことができます。

マウスピース矯正は、口腔ケアが普段通りにできる
インビザラインをはじめとするマウスピース矯正の場合、ワイヤー矯正と違ってマウスピースを取り外して口腔ケアができます。そのため、ワイヤー矯正よりも虫歯や歯周病のリスクは低いといえます。

(3)マウスピースを適切に管理する

マウスピース矯正で使用するマウスピースは、患者自身で管理する必要があります。

使用後は、歯ブラシなどで丁寧に洗浄し、ケースに入れて保管しましょう。

マウスピースを紛失してしまうと追加費用がかかる可能性があるため、取り扱いには十分注意が必要です。

(4)経過観察を怠らない

インビザライン矯正では、経過観察を怠ってはいけません。

経過観察では、歯の動きやマウスピースの浮き、虫歯や歯周病の有無を確認します。

計画通りに歯が動いておらず、マウスピースの浮きがひどい場合はすぐに治療計画を修正しなければならないからです。

インビザライン矯正の場合、1~2ヵ月に1回程度通院して経過観察する必要があります。

忙しくて通院する暇がない人は、hanaraviのマウスピース矯正など、質の高い治療を定期的な通院なしで受けられる矯正サービスを選びましょう。

hanaraviなら最低限の通院でOK
hanaraviでは、LINEを使った相談・サポート体制を整えています。
初診による対面診断のあとは、最低限の通院で矯正を行っていただけます。

4.インビザラインで後悔した場合の対処法

インビザラインで後悔する結果となってしまった場合の対処法をご紹介します。

(1)まずは担当の歯科医師に相談する

インビザラインでの矯正治療に後悔している場合、まずは担当の歯科医師に率直に相談しましょう。

歯科医師はあなたの悩みを聞いたうえで、どのように対処していくのがベストなのか検討してくれます。

もし納得のいく回答が得られない場合は、セカンドオピニオンを検討するのも一つの手です。

いずれにせよ、後悔しても一人で抱え込まず、まずは担当医に相談することが重要です。

(2)セカンドオピニオンを検討する

現在の歯科医師の意見や方針に納得がいかない場合は、他の歯科医師の意見を聞いてみるのもよいでしょう。

ただし、セカンドオピニオンを受ける際は以下の点に注意が必要です。

  • 必要な資料を揃えて持参する
  • 現在の治療内容を正確に伝える
  • 新たな歯科医師の意見を鵜呑みにしない

患者の獲得のために前の治療内容を悪く言うケースもあるので、見極めが必要です。

5.インビザライン・マウスピース矯正に関する疑問

インビザラインやマウスピース矯正に関する疑問にお答えします。

(1)マウスピース矯正の仕組みは?ワイヤーのほうがいいって本当?

マウスピース矯正は、少しずつ形の違うマウスピースを一定期間ごとに交換することで徐々に歯を動かす矯正方法です。

hanaraviの矯正用マウスピース

hanaraviの矯正用マウスピース

矯正用マウスピースは自分で簡単に取り外しができるため、歯磨きがしやすく衛生的とされています。

一方、ワイヤー矯正は金属のブラケットとワイヤーで歯に力をかけて動かします。

見た目に目立ちやすく痛みも生じやすいのがデメリットですが、難しい症例にも対応でき、適応範囲が広いのが特徴です。

それぞれ得意な症例が異なるため、一概にどちらがいいとはいえません。

両方のメリット・デメリットを比較し、自分に合った治療を選ぶことが大切です。

マウスピース矯正とは?効果やメリット、ワイヤー矯正との違いを解説

(2)インビザラインって何?他のマウスピース矯正とどう違うの?

1997年にアメリカで開発されたインビザラインは、世界100ヵ国以上で利用されているマウスピース矯正サービスです。

他のマウスピース矯正との違いは以下のような点です。

  • 利用者数が多い
  • 導入クリニックが多い
  • マウスピース矯正サービスのなかでは比較的高額

また、通院頻度が原則2ヵ月に1回程度必要ですが、hanaraviなどのマウスピース矯正サービスでは通院回数がトータル3回程度と少ないものもあります。

忙しい人や低予算で治療したい人は、他のサービスや治療法も検討してみるとよいでしょう。

『マウスピース矯正ブランドおすすめ7選。メリット・デメリットや選び方も解説します』 『マウスピース矯正ブランドおすすめ7選。メリット・デメリットや選び方も解説します』

(3)インビザライン以外の安いマウスピース矯正は危険?

インビザライン以外にもさまざまなマウスピース矯正サービスが登場していますが、安すぎるマウスピース矯正には注意が必要です。

安価だから一概に悪いとは言えませんが、以下のようなサービスには注意しましょう。

  • 一度も通院の必要がない

  • 経過観察をしてくれない

  • 歯科医師が治療をしない

  • 治療費実質無料と謳っている

適切な診断や経過観察なしに矯正をおこなうと、かえって出っ歯になったり、かみ合わせが崩れるリスクがあります。

また、無料を謳うサービスは詐欺の危険性もあるためおすすめしません。

安いマウスピース矯正を選ぶ際は、

  • コミュニケーションを取りやすいか

  • 歯科医師が矯正治療に精通しているか

  • メリット・デメリットを説明してくれるか

  • 対面・オンライン問わず定期的な経過観察をしてくれるか

  • トラブル時に対応してもらえるか

などをチェックし、最低2社以上を比較検討することがポイントです。

インビザラインで矯正するならhanaraviの提携医院へ

マウスピースを持った女性の写真。マウスピース矯正ハナラビは矯正を失敗したくないあなたのためのサービスです。

インビザラインによるマウスピース矯正をお考えなら、hanaraviの提携医院がおすすめです。

hanaraviの提携医院では、インビザラインをはじめとしたさまざまな矯正方法を取り扱っているので、無料相談を受けることで自分に合った矯正方法を見つけることができます

また、hanaraviの提携医院は経験豊富な歯科医師が在籍しており、適切な治療計画のもとリスクの少ない矯正治療に臨むことができます。

インビザラインによるマウスピース矯正をご検討中の方は、まずはhanaraviの無料相談をご利用ください。

公式LINEアカウントから症状別の費用目安がチェックできますので、まずはお気軽にご確認ください。 hanaraviのLINE公式アカウントで費用チェック!