「歯の矯正で人生が変わるエッセイ」を医師が読んでみた!治療の痛みなどを解説

大分大学医学部医学科卒業。医師として救急医療や在宅医療に従事し、マウスピース歯科矯正hanaravi(ハナラビ)を提供する株式会社DRIPSを創業。医療現場で予防の重要性や予防に取り組んでもらうことの難しさを痛感。美容という切り口で本質的な予防につなげる入口として、口腔という臓器に興味を持つ。口腔環境が多くの臓器に影響を及ぼし、多くの病気に繋がってしまうというポイントから予防について新聞・テレビ・WEBメディア等で情報を発信している。
 

2024年1月、大人になって歯列矯正をはじめたひろぽん酢さんの著書、『自分を好きになるために、歯並びを治してみた』が発売されます。

本記事では、ひろぽん酢さんの体験談や、読者として気になる点(治療費や治療期間、痛み、抜歯など)について、歯科医師が解説します。

「ひろぽん酢さんのエッセイについて、歯科医師はどう感じるのか」

「歯科矯正の痛みは、どれくらい強いのか」

「最近流行しているリーズナブルな矯正方法、マウスピース矯正って実際どうなのか」

といったことが気になる方はぜひ、本記事を参考にしてください。

1. 「人生が変わりました」矯正体験を綴ったエッセイ

2024年1月、ひろぽん酢さんの著書『自分を好きになるために、歯並びを治してみた ~5年5か月100万円!大人の歯列矯正物語~』が発売されます。

以前から、X(旧Twitter)などで、歯科矯正の体験をエッセイ漫画にして発信してきたひろぽん酢さん。

長いあいだ、歯のガタガタ(ガチャ歯)がコンプレックスだったそうですが、歯科矯正で歯並びを整えたことで、「人生が変わりました」と語っています。

「歯列矯正をしてよかったことは、人目を気にしなくなった、人前で笑えるようになった、笑顔で写真が撮れるようになった、などいろいろありました。でもその中でも一番よかったのは、自分に自信が持てるようになったことです。歯の矯正をするんだ!と自分で決めて自分でお金を払って、痛みや不便さに耐え、自分のために圧倒的な努力をすることができました。私はなんでも頑張れるんだ!という自信がつき、自分のことが好きになれました。今はすごく幸せです」

引用:大人になって100万円で歯列矯正したエッセイ漫画に|Walkerplus

今回の電子書籍では、歯科矯正をするに至った経緯や、クリニック選び、治療内容、治療後の気持ちの変化などが語られます。

ひろぽん酢さんのエッセイ漫画は読みやすく、そして面白いので、歯科矯正を検討している方に大変おすすめです。

ただ、歯科矯正は、ケースによって治療内容や治療費、治療期間などが異なるので注意しましょう。

すでに公表されているエッセイによると、ひろぽん酢さんの治療内容などは以下の通りです。

  • 治療方法:ワイヤー矯正(全体矯正)
  • 治療費:約100万円
  • 治療期間:約5年5か月
  • その他の治療内容:抜歯あり、ゴムかけ・矯正用インプラントなど利用

このケースでは、抜歯をともなう歯列全体の矯正が行われていますが、非抜歯で部分的な矯正を行うケースもあります。

部分的な矯正の場合、もっとリーズナブルな値段になり、治療期間も短くなります

hanaraviの治療内容】

プラン名 費用 治療期間の目安 こんな人におすすめ
Basicプラン 一括払い:33万円
分割払い:1.65万×24回
5〜7ヶ月程度 軽度な歪みやガタつきがある人
Mediumプラン 一括払い:49.5万円
分割払い:3.3万×18回
7〜10ヶ月程度 軽〜中度の歪みやガタつきがある人
Proプラン 一括払い:66万円
分割払い:3.3万×24回 
8〜18ヶ月程度 中度以上の歪みやガタつきがある人

「自分の歯並びの治療内容について知りたい」という方は、hanaraviなど無料相談を行っているクリニックで相談すると良いでしょう。

2. ひろぽん酢さんが驚いた”8本の抜歯”と”治療中の痛み”

ひろぽん酢さんのエッセイ漫画では、矯正のリアルな体験が描かれています。

なかでもインパクトが強いエピソードは、”8本の抜歯”と”治療中の痛み”の話です。

(1)”8本の抜歯”のエピソード

ひろぽん酢さんは合計8本の抜歯を行いました。そのうち1本は歯茎を切開する抜歯を行ったため、非常に痛みが強かったといいます。

ひろぽん酢さんのエッセイ漫画の引用

引用:歯の矯正で人生が変わるエッセイ ひろぽん酢|note

顎の骨が小さく、歯が並ぶスペースが少ないケースなどでは、このように抜歯が行われることがあります。

場合によっては、抜歯にともなう痛みを強く感じることもあるでしょう。

(2)”治療中の痛み”のエピソード

治療中の痛みは、抜歯に限りません。

歯科矯正では、歯に力を入れて動かしていくため、しばしば歯の痛み・違和感が発生します。

ひろぽん酢さんのエッセイ漫画の引用2

引用:歯の矯正で人生が変わるエッセイ ひろぽん酢|note

なお、ひろぽん酢さんが行ったワイヤー矯正に比べて、マウスピース矯正は比較的痛みが少ない傾向があります

マウスピース矯正とは?
マウスピース矯正とは、薄く透明な矯正用マウスピースを装着して歯を動かす方法のこと。ワイヤー矯正と比べて痛みが少ない、リーズナブル、治療期間が短いなどのメリットがある。ただ、適応外の症例が多いのがデメリットとなる。

マウスピースの画像

参考記事:マウスピース矯正とは?効果やメリット、ワイヤー矯正との違いを解説

マウスピース矯正のhanaraviが実施した患者アンケートによると、「治療中に痛い期間がなかった」と回答した人は36.84%「4日以上痛みが続いた」という人は0人でした。

マウスピース矯正の痛みに関して、hanaraviのユーザーにインタビューをした結果をまとめた画像

「治療中の痛みについて詳しく聞きたい」という方はぜひ、hanaraviの無料相談などを一度ご利用ください。

3. 100万円の治療費は高い?リーズナブルな矯正方法について

ひろぽん酢さんは、およそ100万円ほどの治療費で歯科矯正を行ったそうです。

5年間という治療期間の長さを考えると、ひろぽん酢さんの治療費はそこまで高くないと感じます。

ただ、歯科矯正の治療費は、治療法によって大きく異なります。部分矯正で済む場合は、全体矯正よりもリーズナブルな治療費で済ませることができます。

  • 部分矯正の場合:10万~70万円
  • 全体矯正の場合:60万~170万円
部分矯正とは?
部分矯正とは、前歯のみ・歯一本のみなど、一部の歯列を矯正する治療法気になる部分だけ治療できる、リーズナブル、治療期間が短いなどのメリットがある。抜歯をともなう治療や、噛み合わせを治す治療では、歯列全体を治療する全体矯正を行う。

参考記事:前歯のみの部分矯正とは?矯正方法とメリット・デメリットを解説!

また、歯科矯正には、裏側矯正やマウスピース矯正など、さまざまな種類があり、それぞれ費用の相場が異なります。

矯正方法の比較表

参考記事:歯科矯正の種類を6つ解説!値段など比較ポイントや子供の矯正についても紹介

この表からもわかるとおり、歯科矯正の相場は、治療法・症例によって大きく変動します。

自分に合った矯正方法を知りたい場合は、専門知識の豊富な医師に相談すると良いでしょう。

下記記事では、良い矯正歯科の選び方を紹介しているので、気になる方は参考にしてください。

参考記事:矯正歯科の選び方を医師が解説!6つのポイントとよくある疑問も紹介

4. 歯科矯正のお悩みなら、hanaraviの無料相談を

ひろぽん酢さんは、歯科矯正をやってみたい人に向けて、こんなことを語っています。

「年齢を重ねているし今更…と思ってる人も少なくないと思います。私は変わりたいと思うことに年齢なんて関係ないと思います。今から最高の自分になったらいいじゃん!私は歯の矯正をしてめちゃくちゃ幸せです!もちろん矯正はやらないと決めた人もそれはそれで素敵です!みんなが自信を持って生きていければいいなって思います!」

引用:大人になって100万円で歯列矯正したエッセイ漫画に|Walkerplus

彼が語るとおり、歯科矯正に年齢は関係ありません。興味がある方はぜひ、治療を検討すると良いでしょう。

「とはいえ、歯科矯正のクリニック選び・医師選びが難しい……」

という方はぜひ、hanaraviのマウスピース矯正も検討ください。

hanaraviでは、ワイヤー矯正・マウスピース矯正いずれにも詳しい、厳選された医師のみが治療を担当します。

まずは相談だけでも大丈夫なので、お気軽にお問い合わせください。

その他のhanaravi(ハナラビ)の特徴

  • 「定額制」で余計な費用負担ナシ
  • 「経験豊富な歯科医師」が担当するため、失敗も少ない
  • 「矯正後のイメージを見て契約」で、予定通りの矯正を実現
  • 「マウスピース矯正」で痛みも少なく、見た目も気にならない
  • 「リテーナー1回無料」でアフターケアも万全
  • 「LINEサポート」で通院不要

公式LINEアカウントから症状別の費用目安がチェックできますので、まずはお気軽にご確認ください。 hanaraviのLINE公式アカウントで費用チェック!