【hanaravi矯正体験談②】派遣社員として働く26歳女性の治療例|治療の”安心感”が印象的

大分大学医学部医学科卒業。医師として救急医療や在宅医療に従事し、マウスピース歯科矯正hanaravi(ハナラビ)を提供する株式会社DRIPSを創業。医療現場で予防の重要性や予防に取り組んでもらうことの難しさを痛感。美容という切り口で本質的な予防につなげる入口として、口腔という臓器に興味を持つ。口腔環境が多くの臓器に影響を及ぼし、多くの病気に繋がってしまうというポイントから予防について新聞・テレビ・WEBメディア等で情報を発信している。 https://www.med.oita-u.ac.jp/ https://www.oita-u.ac.jp/
 

こんにちは。hanaraviを提供する株式会社DRIPSの採用チームです。

現在、採用活動の一環として、マウスピース矯正hanaraviのユーザーインタビュー記事を連載しています。

連載第二回目の本記事では、派遣社員として働く26歳の女性、Bさんにインタビューを行いました

「hanaraviの仕事に興味がある」という人はぜひ、参考にしてください。

Bさんの治療内容(出っ歯|約6ヶ月で矯正完了)

矯正前の症例 出っ歯
費用 33万円
治療期間 約6カ月
治療のポイント 歯を削って隙間を作り、前歯を内側に入れた
治療のリスク 前歯を大きく動かすことによって、場合によっては歯根吸収が起こり、治療中に歯がぐらぐらする恐れがあった

下調べで意識していたのは”料金”と”安心感”

派遣社員として働く26歳女性のBさん。長い間、自分の歯並びにコンプレックスを感じており、歯科矯正を受けたいと思っていたそうです。

「でも歯科矯正について調べてみると、思いのほか料金が高く、なかなか手を出せませんでした

自由診療にあたる歯科矯正では、100万円以上の治療費がかかることも珍しくありません。しかし2017年頃から、hanaraviなどリーズナブルな料金でマウスピース矯正ブランドが続々と登場し、従来よりも安い料金で歯科矯正が受けられるようになりました。

Bさんがリーズナブルなマウスピース矯正の存在を知ったのは、hanaraviのインスタグラム広告がきっかけでした。「これぐらいの料金で矯正ができるなら」と興味を持ちはじめたそうです。

hanaraviの料金プランは、以下のとおり3つあります。Basicプランでデンタルローンを利用すれば、月々4,700円~の支払いで済ませることもできます。

Basicプラン(軽度の歯並び) 月々1.65万円/24回
・あるいは一括払いで33万円
Mediumプラン(軽~中程度の歯並び) 月々3.3万円/18回
・あるいは一括払いで49.5万円
Proプラン(中度以上の歯並び) 月々3.3万円/24回
・あるいは一括払いで66万円

その後、マウスピース矯正にも多くの種類・ブランドがあることを知ったBさん。韓国のサービスも含め、いろいろなサービスを調べ、自分に合うものを探していったといいます。

矯正ブランドを選ぶときに私が重視したのは”安心感”で、結論としてはhanaraviを選びました。hanaraviは、ホームページで情報が丁寧に掲載されていて、一番”安心感”を感じることができたんです。早く治療を受けたいという思いもあったので、他のサービスでは検査などせず、hanaraviで治療を進めていきました」

「矯正前の不安は、徐々に解消されていった」

入念に下調べを行ってhanaraviを選んだBさんですが、カウンセリングを受けるまで「自分の歯が本当に治るのか不安だった」といいます。

そんなBさんの不安を解消したのは、hanaraviの3Dシミュレーションでした。

3Dシミュレーションでは、矯正期間中の歯の動きや、治療後の歯並びを確認できました。ゴールが確認できたので、安心して治療に臨むことができたと思います

【hanaraviの3Dシミュレーションのイメージ】

マウスピースの使用感については、どう感じたのでしょうか。

マウスピースは、慣れるまで少し時間がかかりました。はじめは装着するのも苦戦しました。でも1~2週間ほどすると慣れてきて、痛みも気にならなくなりましたね

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正と比べて痛みや違和感が少ない矯正方法だといわれています。

hanaraviの利用者さまに行ったアンケートによると、矯正で「ほとんど痛い期間がなかった」と答えた人は36.84%。「4日以上痛みが続いた」と答えたひとは0%でした。

矯正の痛みが続いた日数についての調査結果

※治療中の痛みや違和感は個人差があります

特に治療中に大変だと感じるのは、外食の時だそうです。1日20時間以上マウスピースを装着しなければならないため、外食の際もお手洗いなどでつけ外しをするのが面倒に感じたとのこと。

下の歯が徐々に動くのを実感

矯正中の見た目は、ほぼ気にならないというBさん。「友達にはマウスピースをつけているのかほとんどわからない」と言われるそうです。

「まだ治療の途中ですが、下の歯が徐々に動いているのを実感しています。一番気になるところが変わっていくのをみると、やっぱり矯正してよかった、と感じますね

最後に、矯正を迷っている人に対してメッセージがあるか聞いてみました。

迷ってるならやった方がいいよ、と伝えたいですね。最近、自分の兄にもhanaraviを紹介しました。hanaraviなら人にも安心しておすすめできます」

hanaraviでともに働く仲間を募集しています

マウスピースを持った女性の写真。マウスピース矯正ハナラビは矯正を失敗したくないあなたのためのサービスです。

インタビュー中、「やっぱり矯正してよかった」と笑顔をこぼしたをBさん。

hanaraviを提供する株式会社DRIPSでは、マウスピース矯正をはじめとするヘルスケア事業を通じて、このように人々の健康を促進していきたいと考えています。

現在、ともに働くメンバーを募集中です。日本のヘルスケア事業を革新していくDRIPSの活動に興味がある人はぜひ、お問い合わせフォームからご連絡ください。

これまでの体験談記事

【hanaravi矯正体験談①】舞台で活躍する20歳女性の治療例|”笑顔の自信”が得られた

【hanaravi矯正体験談③】WEBデザイナー25歳男性の治療例|リーズナブルな料金に満足

【hanaravi矯正体験談④】下の歯のガタツキで悩む43歳女性の治療例|対応に”誠実さ”を感じた